読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するゲーマー

たまに旅をするゲーマーが日々を綴ります

僕にとってのスターウォーズとフォースの覚醒の感想【ネタバレ有り】

映画レビュー

ogp_starwars_tfa_01

  

12月18日。スターウォーズの新作であるフォースの覚醒が上映された。正直言ってお祭りである。そしてこのレベルのお祭りがこの先あるとは思えない。私は初日に観に行ったわけではないので、そのお祭りには参加できなかった。だけど、私もファンの端くれ。頑張って予約した20日のチケットを持って観てきました。

続きを読む

Karrimorのeclipse 27を購入

旅準備

P1070246

www.karrimor.jp

 

 

海外旅行や日常的に使ってきたモンベルのデイパックがボロボロになってきたのでカリマーのeclipse 27に買い換えました。いろんなリュックサックを検討しましたが、まあまあ見た目が良いこと、容量は25L程度であること、パソコンを入れられること、小物入れがあること…などを考慮した結果、eclipse 27にしました。


P1070248

 

価格は約14000円ほど。このクラスのリュックサックでは安くもなく、高くもない価格設定だと思います。

 

P1070249

P1070251

P1070252

 

 

収納は三つにわかれています。メインの収納にはノートバソコンも入れられるホルダーもありますし、サブの収納にはペンなども収納できるようになっています。個人的に嬉しいのは三つめのちょっとした収納スペース。パンフレットや入場券などを気軽に入れられて良さそうです。

またアウトドアブランドだけあって、ハイドレーションシステムも使用可能。ちゃんとホースを通せるようになっています。これだけタウンユースを考えた製品なのに嬉しいですね。

容量に関してはもともと使っていたデイパックとほぼ同じなので使用感は変わらなさそう。フルサイズのデジイチ、交換レンズ、アウトドアのダウンジャケット、ガイドブック二冊を入れたらパンパンになると思いますが、一泊の旅行であれば問題なく使えるでしょう。



P1070254

  

残念なところはファスナーがYKKではないみたいなんですよね。こういう製品はファスナーから壊れることがほとんどだと思うのでちょっと心配。現状では全く問題ないんですが、私は使い方が荒いので壊れないか心配です。


P1070259

 

余談ですがこういうシールも入ってました。梱包材にもロゴマークが入っていたり、開封していくとthank youと書いてあったり、少なからずApple社を意識してそうです。そういう心遣いって悪くないです。

カリマーのウェブサイトも綺麗で丁寧な作りですし、Magazineのコンテンツは写真も文章も魅力的で好きです。気になった方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。


www.karrimor.jp

エースコンバット7が発表!!

ゲーム全般


ついにエースコンバットの新作が発表されました!!しかもナンバリングタイトル。これをどれだけ待っていたかわかりませんが、6から8年ぶりのようです。正直アサルトホライゾンでエースコンバットシリーズは終了かと思いましたが、やっと復活してくれました。


機種はPS4でVRにも対応するようです。ただVR専用ではなく、通常のテレビでもプレイ可能だそう。私はVRにはあまり期待してないので、VRに拘りすぎてゲーム性を変えたりしなければいいなあと思っています。



トレイラーを観た限り、今までのエースコンバットシリーズとは少し違っているなあといった感じ。エースコンバットといえば購買欲が刺激されるトレイラーだと思うんですが、今回のは期待したほどではなかった。

ただし重要な情報として4.5.0.6の世界観を使用するよう。さらに・・・


 

Twitterで見つけましたが、確かにF-22にはオーシア空軍のエンブレム。そして敵機のスホーイにはエルジア空軍のエンブレムがついていました。

f:id:RoseDust:20151207024059p:plain

これがオーシア空軍のエンブレム

f:id:RoseDust:20151207024103p:plain

これがエルジア空軍のエンブレム

 

…つまりオーシアとエルジアの戦争なのでしょうか?エルジアといえばエースコンバット4で敗戦していたはずですし、オーシアといえばエースコンバット5で更なる軍縮を行っていたような。

時系列的にはわかりませんが、さすがに大陸戦争(エースコンバット4)や環太平洋戦争(エースコンバット5)より以前ではないと思うので、どのようなことが起こってこの二国の戦闘機が交戦しているのかが気になるところ。

まあこの辺はそのうち明らかになると思いますが、元々の世界観に戻ってくれて嬉しいです。とりあえず続報をワクワクしながら待ちたいと思います。