読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するゲーマー

たまに旅をするゲーマーが日々を綴ります

映画「アバウト・タイム」を観た感想~圧倒的な家族愛~

 

f:id:RoseDust:20141120062342j:plain

 




 

どんな映画?

 

誰でも妄想で一度はしたことがある、嫌な過去をもう一度やり直す。
そんなタイムトラベル能力を主人公は使え、その能力を使って人生を変えていく物語です。


ただ重点はタイムトラベルで人生を変えていくところではなく、
主人公の精神的な成長や、家族愛に重点が置かれていると感じました。


最初から最後まで誰もが想像する理想的な家族が描かれます。
なので、純粋なSF映画ではありませんし、タイムトラベルの設定も“アバウト”です。結構ご都合的な部分があるので、その辺が気になる人には向かないかもしれません。


ちょうどこの映画を撮った監督の「ラブアクチュアリー」が好きな人であれば楽しめると思います。

 

私の感想


「ラブアクチュアリーが結構好きだったのでこの映画も期待していましたが、
個人的にはラブアクチュアリーよりも好きな作品となりました。より身近な作品といった印象です。


主人公がタイムトラベル能力を使うことができますが、
あくまでこの映画は家族や友人などへの愛を描いていると感じました。

タイムトラベル能力で失敗したところをやり直すということを主人公は何回もしますが、
そこまで重要でもないようなやり直す必要もない理由のことが多くて、
タイムトラベル能力は持っていない私たちでも失敗しても次に生かすということを誇張している設定だと私は思います。



そして、圧倒的な家族愛。本当に理想的な家族がスクリーンに投影されます。
普通は家族や恋人との喧嘩って一度くらいは挟まれると思うんですが、
そういう描写は一切ありません。みんなが感情豊かに生活している姿ばかりです。
暖かくて誰もが理想とする家族がそこにはありました。見ているだけで幸せを体感できます。
また音楽も素晴らしいものばかりで幸せ体感をさらに増大させてくれます。



本当に見ているだけで暖かい気分になれる映画だと思いますので、
落ち込んでいるときに見る映画にぴったりかもしれません。


男性・女性ともにおすすめできる映画で、
男性は主人公の恋人メアリーを演じるレイチェル・マクアダムスのかわいさに、
女性は理想的な結婚生活を体感することができると思います。



また、主人公が最終的に至るタイムトラベル能力への結論も、
毎日を一度しか生きることができない私たちへのエールになります。
みた後には毎日頑張って生きよう!と気分になれると思います。お勧めですよ!