読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するゲーマー

たまに旅をするゲーマーが日々を綴ります

E-M5 Mark IIは旅人向けのカメラかも!

f:id:RoseDust:20150301004745j:plain

 

 

個人的に久しぶりに欲しい!と思ったカメラです。
それはオリンパスから発売されたばかりのE-M5 Mark IIというカメラ。
オリンパスは撮っていて楽しいカメラを作るという噂は知っていましたが、正直全然興味がありませんでした。

どちらかと言うとイメージキャラクターの宮崎あおいさんのほうが興味ある…
そんな宮崎あおいさん以外の印象が薄かったオリンパスのカメラですが、このE-M5 Mark IIはチョイと違うんです。

私が今使っている、EOS 5D Mark IIIと比較を織り交ぜながら何故旅人向けのカメラだと思ったのか?を書いていきたいと思います!

 

 

なぜ旅人向けなのか?

 

  • カメラが軽いこと
  • 防塵・防滴のボディ
  • 防塵・防滴のレンズシステム
  • 強力な手ぶれ補正


この4つが旅人向けだと思う理由です。やはり旅人が気になるのは重さ。
私が現在使っているEOS 5D Mark IIIは画質においてはトップクラスですが、やはり重量が重く多少しんどい場面もあります。

たいしてE-M5 Mark IIは5D3の半分程度の重さです。
高感度を含めた画質ではフルサイズセンサー搭載の5D3に軍配が上がるでしょうが、星を撮りまくる!とかではない限り、大きな画質の違いはないと思います。



そして防塵・防滴になっており、多少の雨でも故障しないのは大きいと思います。
旅行中に雨が降ってきたり、砂っぽい場所や埃っぽい場所に行くことは多いと思いますので安心ですね。



最後に一番いいなと思ったところ。それは強力な手ぶれ補正です。
今までデジイチの動画は手ぶれに弱く、出来るだけ動かずに撮ったり、三脚を使ったり、スタビライザーを使うことが必要でした。

しかし、旅行中にそれらの機材を持ち歩くのはしんどいものがあります。
ですが、このカメラはボディ内の手ぶれ補正が強力で動きながら撮ってもブレをかなり低減してくれるので、気軽に動画を撮影することができるというわけ!

写真もいいですが、やはり旅先での雰囲気を記録しやすいのは動画でしょう。動画を気軽に撮影できるというのはやっぱり大きいかなーと思いますね。
画質的には5D3のほうが高画質なんでしょうが、この手ぶれには惹かれました。非常に羨ましい機能ですよ!



上の動画は空間手ぶれ補正を搭載したソニーのビデオカメラとの比較ですが、空間手ぶれ補正と比べても変わらないくらいの手ぶれ補正。凄いです。

 

 

まとめ


E-M5 Mark IIというカメラはバランスが良いカメラだと思います。
圧倒的な画質の写真を撮りたいとか、極限まで軽くて小さいカメラが欲しいという人には微妙なカメラかもしれませんが、写真も動画もこなせてファインダーも備え、劣悪な環境にも強い。

そんなバランスの良いE-M5 Mark IIは旅人向けのカメラだと思いました。
私は5D3を使っていますが、E-M5 Mark IIは魅力的なカメラだと思います。
オリンパスも面白いカメラを作るなあと感じたので、是非オリンパスのカメラが欲しくなりました。