読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するゲーマー

たまに旅をするゲーマーが日々を綴ります

キャンプ三点セットを買いました!

P1070132

 

新たな趣味、キャンプを始めるために必要な道具を購入しました。写真の右からテントのポール、テント本体、エアマット、シュラフです。他にも色々と購入していますが、これだけあればキャンプは可能です。


3W0A8703 

 

まずテントから。買ったのはMSRのハバハバNXというテント。テントは本当に迷いました。候補としてはアライテントのドマドームなどがありましたが、最終的にこのテントを選びました。※上のリンクでは4人用になっていますが実際は2人用です。

何故このテントを選んだかというと、まず広い前室があること。雨の日でも前室で炊事が出来るので快適度が上がります。またMSR独特の構造で2人用のテントとしては中が広いことが挙げられます。

3W0A8704 

shot0010

 

このように一人で使う分には非常に広いテントですが、これぐらいあったほうが連泊する際には快適だろうと思います。


3W0A8709

  

ちょっと気になるのはメッシュだらけだということ。夏の平地でのキャンプでは涼しいでしょうが、春や秋、標高が高いところで張ると寒そう。あと強風には弱いみたいです。

P1070143 

 

次はマット。これがないと地面のゴツゴツや寒さのせいで寝れないらしい。私が買ったのはエアマット。空気を入れて膨らまして使用するタイプ。他にはロールタイプのものもありますが、そちらはデカイのでエアマットを選びました。

P1070139


たたむとこんな感じでコンパクトになります。ここまで空気を抜くのが大変だけど慣れれば余裕です。肝心の寝心地ですが、かなり良いです。快適に寝れます。

欠点としては傾斜しているところでテントを張った場合、エアマットの後ろに滑り止めがついていないので滑ります。あとサイズが小さいかな…。コンパクト・軽量を一番重視しているのでしょうが、ちょっと狭すぎるような気がしますね。

 

P1070137

 

次にシュラフ。これも迷いましたが、モンベルのダウンハガー650の3番にしました。快適な外気温が4度ということですが、夏は適当に寝るとして、寒い場合は寝れない場合がありそうなので。またこのシュラフは伸びるらしく、入ったまま、あぐらをかいて座れるみたい。

実際に10度くらいのときに寝てみましたが、全然寒くありませんでした。ただ真冬は厳しいだろうなあと思います。


P1070148

 


マットの上に乗せてみるとこんな感じ。快適に寝られます。もうちょっとエアマットが大きければいいんだけどな~とも思いましたけど。

欠点としてはモンベルのダウン製品全体に言えるかもしれないけど、羽毛の飛び出しが多いってこと。なので長期間ずっと使うのは厳しいんじゃないかなあと思います。他のメーカーはどうかわからないけど、モンベルのダウンジャケットでも飛び出しが多い。何とかしてほしいですね。