読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するゲーマー

たまに旅をするゲーマーが日々を綴ります

モロッコ旅行記⑤~魅力的すぎる街シャフシャウエン~

 

f:id:RoseDust:20141016063900j:plain

 

 

バスに揺られること4時間ほど。
ようやくシャフシャウエンに到着しました。降りて感じたのはとても涼しいってこと!
シャウエンは山地にある街なので、フェズなどと比べてもとても涼しいのです。


降りてすぐに欧米人カップルからタクシーをシェアしないか??

と聞かれたので、もちろん承諾しタクシーに乗り込もうとすると、



運転手「四人はダメだ!二人ならいい!」

欧米人「なんで四人じゃダメなの?この車は五人乗りだろ?」

運転手「ダメったらダメだ!」

欧米人「なんで?理解できない!」



こんな感じの会話があり、結局欧米人二人組は別のタクシーで乗って行くことに。
まあ四人乗せちゃったら他のタクシーが儲からないもんね。仕方ないんだけどさ。
私達は違うタクシーで宿へ向かいました。向かったのはボストンっていう宿。


バスターミナルからタクシーで25DHくらいだったと思います。
近いので歩いても行けるんですが、結構な坂道なので疲れてるならタクシーがオススメですよ。


オテル・ボストンはアメリカ国籍のオーナーが経営してるみたいで、
朝食に卵二個分のオムレツ出るってことで選んだのだけど、Wi-Fiがないらしい。
隣のカフェでWi-Fiできるって言ってましたが、宿にあったほうがいいので泊まるのやめました。
今日中にリスボンからカサブランカまでの航空券をとっておきたいので。



f:id:RoseDust:20141016061011j:plain


結局泊まったのはアビ・ハンシャというホテル。
朝食無しだけどシングル50DH(600円)、ダブルで100DHということで安い。
しかも旧市街の中にあるのですぐ観光できます。しかもWi-Fi付き。


荷物を置いてすぐに観光にでることにしました。
旧市街はどんな街か知っていたのだけど・・・


f:id:RoseDust:20141016061019j:plain



こんな感じで真っ青なんですよ!
最近日本でも紹介されるようになってきたけど、
そこまで観光客も多くなくて非常に歩きやすい!


f:id:RoseDust:20141016061018j:plain


グネグネしている道を登って行くとハマン広場に到着。
クリスマスみたいにイルミネーションが木々につけられてたり、
レストランにはキャンドルが灯ってたり、雰囲気が抜群に良い!

 

f:id:RoseDust:20141016061013j:plain

f:id:RoseDust:20141016061014j:plain

f:id:RoseDust:20141016061015j:plain

 

モロッコ料理には飽き気味だったのでピザを注文。
ブログにはあまり書いていませんでしたが、結構オレンジジュース飲んでます。
ここでもオレンジジュースを注文したんだけど、すげえ美味しかった!
あ、ピザは普通でした。何故か店の外から持ってきたのが謎だった。


写真にも写ってるけどタクシーをシェアしようとした欧米人と再開しました。
といっても別に会話しなかったけど、最後にバイバイ~!って挨拶だけ。
欧米人ってこういう気さくなところがいいですよね~。英語出来たら話せるんだけどな~。


f:id:RoseDust:20141016061016j:plain



食べ終わった後は夜のシャウエンを散策します。
このいい感じに雰囲気ある建物は・・・


f:id:RoseDust:20141016061017j:plain

 

なんとExchangeでした!今まで一番雰囲気がある両替所だわ。


f:id:RoseDust:20141016061059j:plain

f:id:RoseDust:20141016061020j:plain

f:id:RoseDust:20141016061021j:plain

f:id:RoseDust:20141016061022j:plain



う~ん、雰囲気最高だなあ~!!
想像と少し違ったのは、こんなに商店があるとは知らなかった。
もっと普通の民家しかないのかと思ったけど、結構商店があります。
なので食べ物や飲み物には困らない。しっかしいい街だな~。


まず客引きがウザくない!というかほとんど何も言ってこない!
そして人が少なくて落ち着いているし、ゴミもそこまでなくて綺麗。
あとは青いから異国情緒がありすぎて雰囲気最高!


正直今までで行ったことがある街では一番いいかもなあ~。
そこそこ田舎なんだけど、ATMもあるし店も多いので不便さは感じない。
モロッコ行くならシャウエンは抜かしちゃダメだと思う!ここだけには行っとこう!
そんなくらいの街ですよ。正直フェズで一泊しなくて良かったわ(笑)



23時をまわったくらいになると店も閉まり始めたので、
宿に戻り、パソコンでリスボンからカサブランカ行きのチケットを買いました。
直近とはいえ3万円~!あいたた。格安航空券あったなら凄く悔しいよ。


しかも、日本帰国後に地元まで帰る飛行機はマイルで支払おうと思ってたら、
マイルが足りなくて無理だった…。日本にいるときに確認したつもりだったんだけどなあ。
帰りの航空券と合わせて5万くらいかかることに…。でも、ここまできてリスボン行きを取りやめるのは嫌だし。



f:id:RoseDust:20141016061023j:plain

f:id:RoseDust:20141016061024j:plain



翌朝。宿のテラスから撮った写真なんだけど建物の上まで青い!
そして山の中に街がある様子がわかると思います。涼しくて風が気持ちいい~。


f:id:RoseDust:20141016061025j:plain



シャワーなどをささって済ませて、一度バスターミナルへ。
今日中にスペインへ行きたいのでタンジェ行きのチケットが欲しいのです。
写真はシャウエンの旧市街の入り口、アイン門。外は新市街となっています。


f:id:RoseDust:20141016061026j:plain

f:id:RoseDust:20141016061027j:plain

 

こんな感じで新市街にも絵が書かれてたり、
多少は青く塗られてて新市街もシャウエンに来たな~って気分にさせてくれます。
あとスペイン語が結構話されてて、モロッコの中でも異国感バリバリ。Hola~!

 

f:id:RoseDust:20141016071602j:plain


こんな感じで結構な坂道。重い荷物をもって歩くのはしんどいと思う。
こんなところでも子供がサッカーしてたりするんだよね。
ミスったら下まで転がっていくよね・・・(笑)


f:id:RoseDust:20141016071606j:plain


ここがバスターミナル。CTMの他にも民間バスが入ってました。


f:id:RoseDust:20141016061029j:plain

 

フェズでは立派な建物だったCTMのオフィスも、
さすがにシャウエンではなかなか質素なものでした。
ここでタンジェ行きのチケットを買い、シャウエンの観光をすることに。


f:id:RoseDust:20141016061028j:plain

 

戻る途中で写真撮って!撮って!言われたので撮りました。
俺が不審者っぽいからかわからないけど、あまり写真撮って!
って言われることないんだよね。子供の写真撮りたいんだけど…お菓子あげるからさぁ(不審者


f:id:RoseDust:20141016061031j:plain



ちなみに宿の中もこんな感じで青いです。
宿は観光客向けに青くしてるだけかなと思ったんですが、
どうやら民家の中も青い。本当に全体が青に染まった街なんですよ。


なんでこんなに全部青く塗ったのかというと、
虫除けのために青く塗ったとか、日差し対策だとか、
ユダヤ教では青が神聖な色だからとか、いろいろな説があるみたい。
なんにせよ、神秘的な街であることは確かです。


f:id:RoseDust:20141016061100j:plain


 

お腹も減ったので遅めの食事をとることに。
モロッコでは何の食べ物にもオリーブの実を入れるんですよねえ~…
あんまり好きじゃないですよね~。店の人からオリーブいる?って聞かれたので、
いらないよ~と答えたのに、力が出るから!言われていれられた。なんで聞いたんだ!?w


あとオレンジジュースはガチうまいです。

そして目玉焼きにかかっている謎のサラダオイル…。
オイルかける?って聞かれたので、オリーブオイルだと思ったらサラダオイルかけられた…
とっても油ギッシュでした。



 

食べ終わった後は一旦宿に戻りチェックアウト。

バスの時間まで荷物は預かってもらうことにしました。
基本的に荷物の預かりはしてもらえるみたいで、今回も全く問題なし。


その後はシャウエン旧市街をウロウロしてみることに。


f:id:RoseDust:20141016061030j:plain

f:id:RoseDust:20141016061032j:plain

f:id:RoseDust:20141016061033j:plain

f:id:RoseDust:20141016061034j:plain

f:id:RoseDust:20141016061035j:plain

f:id:RoseDust:20141016061036j:plain

f:id:RoseDust:20141016061037j:plain

f:id:RoseDust:20141016061038j:plain

f:id:RoseDust:20141016061039j:plain



写真をバ~っと。
夜は活気がかなりあったんですが、
昼はかなり落ち着いた感じでいいですね~。
本当にこの街の雰囲気はいいですよ、客引きとか全く居ないし。


あと子供が非常に多いですね~。元気いっぱい。
でも基本的に上り坂なのでツライ。これ荷物持ってたら相当ツライぞ!
ハーハーいいながらのぼり、辛くなったら階段で休憩。でも景色いいなぁ~。


雰囲気いいお店も多いし、見てても特に何も言われないので、
ゆっくり見れていいですよ。ただ大きい物が多くて僕のザックには入らない…


f:id:RoseDust:20141016061040j:plain

 

一番上まで登ってきました。メッチャ涼しい!



f:id:RoseDust:20141016061041j:plain

f:id:RoseDust:20141016061042j:plain

 

こんな感じで城壁と山に囲まれています。

ただシャウエンの青に染まった街を一望できるかと思ったけど、
後ろからみてる感じになってよくわからない…。


モスク周辺なら一望できるらしいんだけど、
何処にあるのかわかりませんでした。
まあここからでも結構綺麗で涼しいし、まったりできます。



f:id:RoseDust:20141016061044j:plain

 


景色を楽しんだ後は下る!
オンサー門という別の旧市街の入り口に到着。
この辺は川の近くってことで結構水遊びしてる人が多かった。

 

f:id:RoseDust:20141016061046j:plain



こんな感じ!記念撮影するように孔雀?みたいな鳥もいた。
だけど基本的には田舎の風景って感じでまったり。


f:id:RoseDust:20141016061045j:plain

 

そして、またもやオレンジジュースを売っているところをみかけたので注文!
オレンジジュース自体は撮り忘れたんだけど、ここのジュースも凄い美味しかった。
水の中に入ってるオレンジをその場で絞って作ってくれます。うますぎ。


マジでモロッコでは一日2回ぐらいオレンジジュース飲んでるかもしれん…。
ただしファンタオレンジも入れてるけどね。ファンタも何処でも買えて安いから飲んでしまうw


f:id:RoseDust:20141016061049j:plain



もう時間も押してきたので宿に戻ろうとするんだけど、
現在地がまったくわからなくなった。フェズの再来か!?
と思ったけど、旧市街自体が小さいのでどこかに歩いてれば外に出れます。
あてもなく歩くのも楽しい。本当に青いもんなあ~。



f:id:RoseDust:20141016061047j:plain

f:id:RoseDust:20141016061048j:plain

 

時間が押しているというのに金銀細工の店があったので入ってみました。

この店の主人はモスクにお祈りに行っているらしく、その間ゆっくりと商品を見れた。
迷ってたんだけど、モロッコっぽいティーポットを買おうかな~と。


すぐにお店の主人が帰ってきたので値段を聞こうとしたら、
手作りってことをアピールするためか、その場で加工する様子を見せてくれました。
ただの銅板に模様が描かれていく様子はやはり綺麗ですね。


f:id:RoseDust:20141018142510j:plain



主人の作戦にまんまの乗せられ?このティーポットを買いました。
かなりコンパクトなサイズで、僕のザックにも入るだろうと思って。

 

150DHくらいなら買おうかなと思ってたんですが、そのまんま150DHでした。
一応値切って130DH。元の値段でも納得していたのでそのまま購入。

相場より高いのかなあ?まあいいや!というか財布と同じ値段だな!


一応熱するときの説明などをしてくれたけど、
正直使うことはないし、家で飾るだけだろうなと思います。


f:id:RoseDust:20141016061050j:plain

f:id:RoseDust:20141016061051j:plain



さすがに時間がやばいのでまっすぐホテルに向かいます。
しかし迷う迷う!時間がないから焦ります。グーグルマップも使い物にならない!
だいたいの方向に進んでたら何とか見知った道になったのでホテルに到着…。


ホテルの宿主さんに感謝して荷物を返してもらい、バスターミナルへ急ぎます。


f:id:RoseDust:20141016061101j:plain

 

さらばアイン門!さらばシャウエン旧市街!

時間があれば延泊も考えたほど素晴らしい街でした。
ただそこまで大きい街ではないので、一泊でも楽しめると思います。
ゆっくりしたい人は三泊くらい見ておけば余裕だと思いますよ。


f:id:RoseDust:20141016061052j:plain

 

写真撮ってなかったので飛んじゃうけどタンジェです。
シャウエンのバスターミナルはタンジェからフェズまで行くとか、
反対方向のバスも来るので確認しないと危険でした。


あと、乗ったはいいけど満員なのにみんな好き勝手な場所に座るもんだから、
客同士で喧嘩になってるわ、座るところないわで非常にカオスなことになってた…。
オロオロしてたら職員の人がお前はココ!とか指示してくれたので座れました。助かった…。




三時間くらいかけてタンジェに到着。
降りてすぐに日本人の大学生からスペインまで一緒に行こう!
と言われたので、もちろん承諾。彼はスペインまでの情報が欲しいらしい。


友達がタンジェからスペインまでの情報を持っていたので、
それを説明しつつ、フェリー乗り場まで進みます。
しかし、彼は英語がペッラペラなんですよ!すげえ!



僕の英語力はシットファックくらいしか話せないレベルなので、
貴重な戦力です。というか、別れるまで彼は通訳さん状態になってました。 


f:id:RoseDust:20141016061053j:plain



タンジェでは観光するつもりがなかったのでこんな写真しかありませんが…。
歩きながら適当に撮ってましたが、タンジェは映画のロケ地になってるところが多いみたい。


f:id:RoseDust:20141016061054j:plain

 

そしてこれがフェリー乗り場。
ちなみにCTMのバス停から一時間以上歩きました。
通訳の彼がその辺の人にフェリー乗り場までは何分くらい?って聞いたら、
みんな15分とかそれくらいと言ってたんだけど、実際は一時間以上でした。謎です。

 


モロッコ人と日本人では時間の感覚が違う可能性が…
なので、タクシー使ったほうがいいと思います。
途中でタクシー使えばよかった…と皆思いましたが、無言で歩きましたよ!

 

f:id:RoseDust:20141016061055j:plain

 

タンジェからスペインへフェリーで向かう際は旧フェリー乗り場と、
新フェリー乗り場があります。新フェリー乗り場の方に移行しつつありますが、
2014年9月時点で旧フェリー乗り場でもスペインのタリファ行きは乗れました。


新フェリー乗り場はタンジェ市内から50キロ程度離れているようで、
バスで行くのかタクシーで行くのかわかりませんが、不便ですね…。
なので今回は新フェリー乗り場へ行っていないので詳しい情報は不明です。


そしてタリファまでのフェリー代は高速船を使って390DHでした。
低速船ならもっと安いものもあるみたいなんですが、高速船しか見当たらなかった。
ちなみにUSドルやユーロも使えます。私はUSドル&ディラハムで払いました。


f:id:RoseDust:20141016061056j:plain

 

モロッコの出国カードを書き、出国審査を済ませます。
噂ではモロッコ出国時に日本人の場合は結構モメると聞いていましたが、
特に質問もされず、すんなり出国できました。もう改善されたのかな?


そして、いよいよフェリーへ!ジブラルタル海峡を超えます!


f:id:RoseDust:20141016061057j:plain

f:id:RoseDust:20141016061058j:plain



船内やデッキはこんな感じ。結構豪華です。
ちなみにジュースなどは高い!1ユーロ超え!ヨーロッパの物価ですよこれは!
ディラハムも使えるみたいなんで、もうディラハム使わない人はここで使い切るといいかも。


フェリーの中で通訳の彼からいろんな話を聞いたのだけど、
彼は夏休み中、イスラエル国境なき医師団の通訳を担当していたみたい。
理由があって撤退したみたいなんだけど、その後はそのまま各国を旅してるらしい。


いやぁ凄いですね~。英語ペラペラだし、スペックの違いを見せつけられましたよ!
ただ旅行しているのが恥ずかしくなるレベルですが、これからも彼には頑張ってほしいものです。


そして次回は情熱の国、スペインへ入国です!

 


 

モロッコ情報

泊まった宿

f:id:RoseDust:20141016061011j:plain


アビ・ハンシャ

 

 

 

  • 料金は一泊50DH 朝食無し。シャワー・トイレは共同。シャワーはお湯が出る
  • アイン門から入って道なりに歩いて行くと右側にある。わかりにくい
  • Wi-Fiあり。ただ上の階の場合は部屋に電波が届かない
  • 部屋の清潔感は普通くらい。トイレ・シャワーは綺麗に清掃されていた。
  • この価格なら安いと思う。宿の従業員も特に問題ない

 

 

シャウエン

CTMのバスできた場合、旧市街まではかなりの上り坂。タクシーがオススメ。
CTMのバスはフェズ行きが一日4本。タンジェ行きが一日2本。各方面もかなりある。

 

f:id:RoseDust:20141018225856j:plain

ブレてるけどCTMの行き先と時刻表

 

基本的に客引きは少ない。が、麻薬をすすめてくる輩は大量にいる。

なので多少うるさいが、それでも静かな街だと思う。

 

 

タンジェ

CTMのバスできた場合、まわりに何もない幹線道路沿いで降ろされる。

旧フェリー乗り場や旧市街までは歩いて1時間半くらい。タクシーが良いと思う。

新フェリー乗り場までは謎。タクシーだと50キロなんで結構な金額すると思います。

 

旧フェリー乗り場からの移行が進んでいるらしいが、
2014年9月の時点ではスペインのタリファ行きはあった。

フェリーのチケットはDH・USD・EURで支払い可能。近くにATMもある。



心配していたモロッコ出国時は特に何も聞かれなかった。

次の記事に書くがスペイン入国時はEチケットの提示を求められたので、
その程度はあるかもしれないが、特に問題なかった。


フェリーは30分でつくが、フェリー内の飲み物は高いので、
できればモロッコ内で食事やジュースは買っておいたほうがいいかも。